生きるために大事な食事について考える

食事は、生きていく中で大切なことです。



食事はしっかりと朝、昼、夕食べなければ体に良くないです。

ダイエットをするからといって、食べないのは逆に太るだけです。
朝と昼はしっかりと食べて夕食を減らすこと、間食をしないことや、食事をする時間を考えて生活することが大切です。
1日に摂取しなければならないカロリーなども年齢や、男女で違うがあります。

また、良く噛んで食べることも大切です。



噛むことで唾液の分泌にもつながります。



食べるものがなく食事ができなく餓死してしまう人もいます。


その人たちのことを考えると、食事ができていることがありがたいです。

そのため、ダイエットだからといって食べないというのはいけません。

作ってくれる人がいるからこそ食事ができるので、感謝の気持ちを忘れずに、食べる前は「いただきます」食べた後は「ごちそうさま」と言って食べることが普通です。



しかし、小さい子どもたちは、それを言わずに食べれることが普通だからとその言葉を言わずに食べています。

食べれることのありがたみなど忘れないことが大切です。



生きるためにもしっかりと食べて頂きたいです。

栄養についても考え、肉だけでなく、魚や野菜なども好き嫌いをせずに食べることも大切です。好きなものばかり食べ、嫌いなものは食べないなど偏った食事をしてはいけません。また、マナーもあるため守って食べるようにすることで姿勢も良くなります。

そのため、肘をついて食べたりすることはいけません。


他にも、箸同士で受け取ることや食べ物に箸を刺してはいけないなどがあります。
人間が生きていくためには、食事を摂る必要があります。
生まれてこの世に生を受けて以来、数え切れないほどの食材を口にしています。

それだけに、人間の体は食品を素材として出来上がっているともいえます。


ならば、食品の質にこだわることも重要です。しかし、現代社会では、多くの人口を養っていくため食品の供給効率を優先してきた傾向があります。

そのため、食品の安全性やその製造、加工の過程に疑問をさしはさむ余地はありませんでした。



一方、そうした流れに反発して、食事で摂取することになる食材の質をもう一度見直すような動きも見られます。無農薬野菜もまた、そうした食材の質にこだわったものの一つです。

農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てることによって、野菜の本来の良さを生かした食材が作られています。


確かに農薬や化学肥料は、安定した野菜の供給やコストの面で、現代社会では不可欠な農法であるのは間違いありません。


しかし、食事に必要な食材の確保に余裕が出てきて、改めて食材の質について振り返ってみると、無農薬農法で作られた無農薬野菜を食事に取り入れるという選択肢が用意されることもまた重要なことです。



無農薬農業に賛同できる人は、毎日の食事に無農薬野菜を取り入れることによって、食事の質や健康に気遣って毎日を送ることができます。


こうして食事で体に取り込む食材について、立ち止まって再考することができるという機会を持つのは良いことです。



関連リンク

栄養のあるものを食べることが食事

辞書で調べるとそんな説明がなされています。凡そ生きているものは、どんな形にせよ、必ず何かを食べます。...

more

食事は人間にとって大切なことです

人間は食べることによって栄養を蓄え動き、体も作られます。食事は人間にとって大切なことです。...

more