千葉で増える永代供養の墓所

葬儀の簡素化や墓じまいなどの風潮の高まりとともに、永代供養への関心がさらに集まっています。

従来、寺院などで使われて来た意味と、最近の永代供養墓で使われている「永代」には少なからぬ違いがあり、霊園施設によっては、あらかじめ年数が設定されていることもあります。千葉県内の寺院や霊園でも永代供養墓が急増していますが、外観も管理供養の方法も千差万別となっています。永代供養墓は、従来の墓所区画に墓石を建てる個別のお墓を持つ意志のない人や、墓じまいで取り出す遺骨の改葬先が必要な人から選ばれやすいものとなっています。

千葉の永代供養に関するマニアックな情報をお届けします。

合祀墓の形式としてはさまざまな外観となっており、仏像や慰霊碑の下が合同納骨室になっているタイプや、個別に納骨できるロッカーのような納骨室がある霊廟など、費用などによってもかなりの違いがあります。

ビジネスジャーナル関する情報探しのお役に立つサイトです。

千葉エリア一帯には、もともと樹林が多い霊園が点在していますので、通常の墓所区画に加えて樹木葬区画を設ける施設が急増、個別の埋葬地のほか、合同で納骨や散骨が行える樹木葬スタイルの永代供養墓も登場、人気を集めています。

地下に納骨室があるモニュメント形式の合祀墓も、周囲を芝生や花で整備して、明るい雰囲気や景観の良さにこだわる傾向が強まっています。都心からアクセスの良い千葉では、都市部の便利な合祀墓や自然美あふれる樹木葬霊園のどちらからも選ぶこともできますが、故人や遺族にとって納得のいく供養がなされるのかどうかが重要となってきます。



合祀墓の外観だけにこだわらず、施設ごとに違う「永代」の意味をよく見極めて、冷静に吟味していくことが大切です。