千葉でも注目度が高まる永代供養墓

永代供養墓は、あとを託せる子孫がいないなどの理由でお墓を設ける意志のない人や、先祖代々のお墓を墓じまいしたのちの改葬先として、千葉エリアにおいても注目度が急速に高まっています。魅力のポイントはやはり、永代供養墓を管理する寺院や霊園が、遺族に代わってその後の供養を行うというところにあります。


最近の広告などで目立つ永代供養墓の「永代」は、従来お寺などで使われるものとは意味が違ってきており、霊園施設によっては「永久の供養」ではなく、年数が区切られていることもあります。

個別のお墓というよりは、合祀スタイルの供養塔という形態となっており、外観も埋葬形式も、施設ごとにかなり違ってきています。
千葉の都市部で多いのが、霊堂とされる建物にロッカー形式の納骨室が設けられているタイプです。

合祀とは言え、個別にお参りができるのがポイントです。

千葉の永代供養墓の有益な情報のご紹介です。

仏像や供養塔、モニュメントの下が納骨室になっている墓所もあります。


郊外の自然豊かなエリアで多く見られるのが、千葉でとくに急増している樹木葬形式での永代供養墓です。

YOMIURI ONLINEについて気になる方はこちらです。

こちらも植えられる樹木の種類や埋葬形式で、多様化する傾向にあります。

あとの供養の心配がないことから、頻繁なお墓参りをしなくて済むということからも選ばれやすくなっている永代供養墓ですが、事前に下見をしたり交渉や契約をする上でも、自宅からアクセスの良いところを選ぶほうが、メリットが多くなります。

明確な基準がない新しい形式のお墓だけに、広告からの情報のみでなく実際に足を運んで、供養の方法など良く確認して選ぶことが大事です。