望む人が増えている千葉の永代供養墓

首都圏では、近年とくに従来の葬儀やお墓、供養への考え方が急激に変わってきています。
核家族世帯が多い千葉エリアにおいても、後々の供養を霊園管理者などに任せることができる永代供養墓への関心が集まっています。



先祖代々の墓所を墓じまいして、改葬するための墓所としても注目されています。昨今の永代供養墓に使われる永代供養という用語は、故人の供養を寺院に永代で任せるといった意味合いから離れ、合同の納骨堂や樹木葬での合祀なども含めて永代供養墓と呼ぶようになっています。

すごく便利な朝日新聞デジタルの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

永代という用語も霊園などの施設によっては年数が限られている場合もあり、費用や埋葬形式も含めて多種多様となっていますので、実際に検討する場合はよく調べたうえで確認しておくことが大事です。

千葉エリアの寺院や霊園でも、従来の墓所区画のほか合祀での永代供養墓を設けるところが急増しています。
死後の供養を頼める子孫がいない人や、先祖代々の墓所を墓じまいをした人が、遺骨の改葬先として検討するようになっています。

形式としては、都市部では霊廟とされる建物にロッカー形式の納骨室が設けられたタイプが好まれ、郊外の霊園では樹木葬形式の合祀墓が選ばれやすくなっています。


もともと樹木の多い霊園が多かった千葉では、花や芝生で整備され、樹木葬形式となっている永代供養墓を新たに設けるところが増えています。

現代アートのような洒落た外観を持つモニュメントの下に納骨する合同供養墓にも人気が集まっています。



千葉は、都市部の便利なエリアにある合祀墓も、郊外の美観をたたえた埋葬地も、自分の希望に叶う永代供養の墓所を選びやすい地となっています。