神奈川での海洋葬は相模湾、東京湾が中心

散骨を希望した場合、どこに遺骨を撒くかが最大の焦点になりますが、最も候補に上がりやすいのはやはり海への散骨でしょう。


海に散骨することを海洋葬と言いますが、幸い日本では条例で制限のある熱海市と伊東市を除けば、まさに海への散骨は選択肢が無限にあることになります。

神奈川で海洋葬を情報を幅広くご活用下さい。

その中で神奈川は相模湾に面し、東京湾にも近いという海洋葬の候補になりやすい県です。そのような土地にあることを受けて、散骨をお手伝いする業者も数多くあります。

ロケットニュース24情報は初心者にも分かりやすいです。

神奈川で海洋葬を請け負う業者は、散骨をする海のエリアごとにプランを組んでいる所が多く、主に相模湾、東京湾、横浜が中心になります。相模湾では江の島、油壷沖など、東京湾ではディズニーシー沖や横浜ベイブリッジ沖など故人や遺族の希望によって選べる場所も様々です。
また、相模湾や東京湾だけでなく三浦半島、湘南海岸、駿河湾など広い海域に対応した業者も存在します。



神奈川と言っても候補になる海は広いので、よく故人の遺志を尊重してどこで海洋葬を行うかを決定する必要があります。


迷ったときは業者に相談してみるのもいいでしょう。どこに散骨するにしても費用は10万から20万ほどです。
中にはいきなり海で散骨するのが不安だという人もいます。
確かに一度散骨してしまえば取り返しがつきませんし、海洋葬は新しいスタイルの埋葬法なので、想像がつきにくい部分も多くあります。


そのような人たちのために、体験クルーズを実施している業者もあります。


神奈川の海で散骨を希望する場合は一度参加してみると参考になるのではないでしょうか。

詳しく知りたいなら

葬儀の簡素化や墓じまいなどの風潮の高まりとともに、永代供養への関心がさらに集まっています。従来、寺院などで使われて来た意味と、最近の永代供養墓で使われている「永代」には少なからぬ違いがあり、霊園施設によっては、あらかじめ年数が設定されていることもあります。...

more

行事についての考察

首都圏のほかの地域同様、千葉においても永代供養への関心がさらに高まっています。千葉県内の寺院や霊園でも、合祀スタイルの新たな永代供養墓が数多く設けられ、募集広告などでも永代供養の文字を頻繁に目にするようになりました。...

more

納得の真実

永代供養墓は、あとを託せる子孫がいないなどの理由でお墓を設ける意志のない人や、先祖代々のお墓を墓じまいしたのちの改葬先として、千葉エリアにおいても注目度が急速に高まっています。魅力のポイントはやはり、永代供養墓を管理する寺院や霊園が、遺族に代わってその後の供養を行うというところにあります。...

more

専門知識

首都圏では、近年とくに従来の葬儀やお墓、供養への考え方が急激に変わってきています。核家族世帯が多い千葉エリアにおいても、後々の供養を霊園管理者などに任せることができる永代供養墓への関心が集まっています。...

more