千葉の永代供養に見られる傾向

首都圏のほかの地域同様、千葉においても永代供養への関心がさらに高まっています。
千葉県内の寺院や霊園でも、合祀スタイルの新たな永代供養墓が数多く設けられ、募集広告などでも永代供養の文字を頻繁に目にするようになりました。最近使われている用語の「永代」は、従来の意味合いとはかなり違っており、合祀墓の供養や管理を、霊園施設などが遺族に代わって、以後ずっと行うといった意味となっています。
墓じまい後の改葬先や、従来の墓所の代わりに永代供養墓を考えている場合、霊園などの施設ごとに「永代」の意味が微妙に異なっていますので、その点は注意が必要です。
永代と称しながら年数に限りがあって、その後は無縁墓のようになる場合もあります。

多くの人の遺骨を合祀墓に納めて、最初から無縁仏の供養塔のようになっているケースもありますので、この形式の墓所が増えている千葉では、詳細情報を吟味することが大事です。樹木葬区画も増えている千葉では、永代供養墓として樹木葬形式を導入しているところもあり、埋葬方法はますます多様化しています。

墓所の景観や雰囲気も大事ですが、故人にとっても遺族にとっても、希望した通りの供養をしてもらえるのかどうかがポイントになってきます。



いまの「永代」は比較的新しい概念で、霊園施設ごとに違ってきていますので、それぞれの相違点を自分なりに把握しておくことが大切です。

これからはgoo ニュースについて知るならこのサイトです。

葬儀の簡略化とともに新たな「永代」は、今後千葉で、いっそう増える傾向と考えられます。